インプラントで失った歯を取り戻せる!違和感のない人工歯

なぜ今注目されているのか?インプラント治療の内容とは?

これまでと違う治療

年々医療技術が発達しています。歯の治療ももちろん発達しています。そんな治療の中で今注目されているのは「インプラント治療」です。ここでは、この治療がどんな内容なのかご紹介します。

インプラントで失った歯を取り戻せる!違和感のない人工歯

インプラント

自分の歯のように扱える

インプラント治療の最大の特徴は、自分の歯のように扱える人工歯を入れられることです。そのため、せんべいなどの固い食べ物でも食べられるようになります。また、頑丈な素材で人工歯を作っているので歯が欠けてしまう心配もありません。横浜の歯科では、積極的に勧めている治療のひとつです。

ネジで固定するので動かない

なぜインプラント治療なら人工歯でも自分の歯のように扱えるのかといえば、骨にネジを入れて固定させるので芯となる部分が頑丈になります。そのため、そう簡単に人工歯が取れてしまうことがないので固い食べ物でも安心して食べることができます。

手術が必要な治療

インプラント治療は、骨にネジを固定させる必要があるので手術を行ないます。もちろん、麻酔をした上で手術するので痛みを感じることがありません。ただし、インプラント治療を行なう時は口腔内の状況によって手術を行なえない時もあります。治療を受けられない場合は、他の方法で人工歯を入れる必要があります。

従来の差し歯とインプラント治療の違いとは?

従来の差し歯は頑丈じゃないので刺激に弱い

これまでの差し歯は、ただ失った歯に人工歯をはめこんでいる状態でした。そのため、強い刺激を与えると取れることが多かったのです。しかし、インプラント治療ならネジで固定できるので安定させられるので取れることがほとんどありません。

ぴったりとはまるので長持ちする

従来の差し歯だとはめ込んでいるのみだったので、歯茎が弱くなると取れやすくなります。しかし、インプラント治療だと骨から固定するのでぴったりと失った歯の部分に人工歯を入れることができます。そのため、取れることなく長持ちします。

広告募集中